あだこだblog

あだこだblogは2chやtwitterでの 日常の生活における様々な出来事、 おもしろネタ、ニュース、芸能などをまとめたブログです


    平野ノラが今年の流行語大賞ノミネート漏れに「本気でボヤく」悲しき理由 ... - アサ芸プラス
    11月9日に発表された「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語。 今後、審査を経て年間大賞が12月1日に発表される同賞だが、今年は ...
    (出典:アサ芸プラス)



    (出典 heaaart.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/16(木) 10:30:48.45 ID:CAP_USER9.net

    11月9日に発表された「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語。

    今後、審査を経て年間大賞が12月1日に発表される同賞だが、今年はブルゾンちえみの「35億」をはじめ、サンシャイン池崎が持ちネタで絶叫する「空前絶後の」、
    バラエティ番組で人気を集める棋士・加藤一二三氏の愛称「ひふみん」など、芸能界からも複数のキーワードが選出されている。

    これまでもスギちゃんの「ワイルドだろぉ」や、日本エレキテル連合「ダメよ~ダメダメ」が年間大賞に選ばれ、“芸人優位”の傾向を持つ同賞。

    そんな中で、芸能事務所関係者が明*。

    「先日、バブリーなキャラでブレイクした平野ノラが『何で私のがノミネートされないの?』と本気でボヤいていましたね。
    「彼女は、例の大きなショルダーホンに出る時の『しもしも~』が流行語大賞でイケると思っていたようです」

    しかも、平野のボヤキは初めてではないという。

    「実は去年も『しもしも~』で流行語大賞にノミネートされると思っていたらしく、落選の報を受けてボヤいていたそうです。
    ただ、その時は、『ブレイクしたのが、去年の晩秋頃と、ちょうど流行語大賞のノミネート選考と重なり、
    流行したのかどうか微妙な時期ゆえ選考に漏れ、2017年にノミネートされる』と平野は納得したようです。
    でも、冷静に考えれば、タイミングが悪すぎて、『今年の流行語』としてもインパクトが弱いのは明らか。
    それでも、平野が期待していたとすれば、何だか悲しい話ですね」(前出・芸能事務所関係者)

    2年連続でガッカリすることになった平野ノラ。悔しい気持はわかるが、
    ノミネートならずとも、視聴者の印象に残っているのは間違いないので、元気を出していただきたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13897916/
    2017年11月16日 9時58分 アサ芸プラス


    【平野ノラが本気でボヤく!「私入ってないの?」今年の流行語大賞www】の続きを読む


    橋本環奈が別人に!! 『ar 12月号』の表紙で口を半開きにしたアンニュイフェイスを披露しました - Pouch[ポーチ]
    奇跡の1枚”と呼ばれたイベント出演時の写真をきっかけにブレイクし、 “1000年に1人の美少女” と言われる女優で歌手の橋本環奈さんが、新たな魅力を開花させているようです。 新たな一面を見せたのは、2017年11月10日発売の女性雑誌『ar 12月号』の表紙。 いつもの “ザ・ ...
    (出典:Pouch[ポーチ])



    (出典 rev.jp.net)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/11/18(土)14:55:35 ID:ENR


    ひぇえええええええええええええ


    【橋本環奈さん、内田有紀に公開処刑されてしまうwwwwwww】の続きを読む


    パナソニック、アフリカで「ガラケー」 1月発売 - 日本経済新聞
    【ニューデリー=上田志晃】パナソニックは2018年1月から従来型の携帯電話「ガラケー」をアフリカで売りだす。今後のスマートフォン(スマホ)の普及を見越して、1台1500~2千円の携帯電話で知名度を高める。日本では13年までにスマホから撤退したがインドを拠点にアフリカや ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 asylnet.com)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/11/18(土) 13:57:29.38 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23656270Y7A111C1AM1000/

    017年11月18日 13:00 

    【ニューデリー=上田志晃】パナソニックは2018年1月から従来型の携帯電話「ガラケー」をアフリカで売りだす。今後のスマートフォン(スマホ)の普及を見越して、1台1500~2千円の携帯電話で知名度を高める。日本では13年までにスマホから撤退したがインドを拠点にアフリカや中東で事業を続けており、ガラケーを布石に低所得者へ売りこむ。

    人口が多いエジプトや南アフリカ、中東で販売、経済成長が見込めるナイジ


    【パナソニック、アフリカでガラケーを発売へ 1台1500円〜2000円】の続きを読む

    このページのトップヘ