あだこだblog

あだこだblogは2chやtwitterでの 芸能、おもしろネタ、ニュース、などや日常の生活における様々な出来事、 をまとめたブログです

    人物


    いつの間に!? 1位水谷豊「外国人との結婚歴に驚く芸能人」ランキング - エキサイトニュース
    長男・興毅と次男・大毅に「兄弟の中で一番才能があるのは和毅」と言わせるほどの実力で、2013年には日本人初となるWBO世界バンダム級王者となりました。 2015年に既婚者となった亀田和毅ですが、お相手の女性は3歳年上のメキシコ人。16歳のときに出会ったという妻と ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 livedoor.4.blogimg.jp)


    坂本龍一はどないやろかな~~-^;)

    1 名無しさん@おーぷん :2017/05/17(水)11:09:16 ID:3Q6

    安倍晋三?


    【結局世界で一番有名な日本人って誰なの?】の続きを読む


    俳優の日下武史さん死去 劇団四季の創立からのメンバー - NHK
    劇団四季の創立からのメンバーで、半世紀余りにわたって中心的な役割を果たしてきた俳優の日下武史さんが15日、滞在先のスペインで誤えん性肺炎のため、亡くなりました。86歳でした。 続きを読む. 日下さんは東京都出身で、慶応大学在学中の昭和28年、演出家の浅利 ...
    (出典:NHK)



    (出典 blog-imgs-49.fc2.com)


    ご冥福をおいにり致します。

    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/05/16(火) 19:00:26.46 ID:CAP_USER9.net

     俳優で、「劇団四季」の創立メンバーの日下武史(くさか・たけし=本名・日下孟)さんが15日、静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。86歳。東京都出身。

     葬儀は親族のみで執り行い、後日お別れの会を行う。

     慶大在学中に演劇活動を始め、1953年に浅利慶太らと劇団四季を結成。翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」で初舞台を踏んだ。以後、劇団の看板俳優として「エクウス」「ヴェニスの商人」「スルース」「鹿鳴館」「赤毛のアン」など翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。

     声優やナレーターとしても活躍し、米テレビドラマ「アンタッチャブル」ではエリオット・ネス役の吹き替えを担当。映画「南極物語」「まあだだよ」、テレビドラマは「新・平家物語」などにも出演した。96年に紫綬褒章、2002年に旭日小綬章を授章。14年に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」が最後の舞台となった。


    【【訃報】日下武史さん、スペインで死去 86歳 劇団四季創立メンバー】の続きを読む


    眞子さまと今朝電話「行ってきます」 小室圭さん - 朝日新聞
    婚約に向けて準備を進めている秋篠宮(あきしののみや)家の長女眞子(まこ)さま(25)のお相手、国際基督教大学時代の同級生で横浜市在住の小室圭(こむろけい)さん(25)が17日、東京都内の勤務先で報道陣の取材に応じた。同日朝、眞子さまと電話で「行ってきます」「 ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 endia.net)


    ええ感じの青年には見えまんな~~w

    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/05/17(水) 10:37:22.59 ID:CAP_USER9.net

     秋篠宮家の長女眞子さまとのご婚約が明らかになった小室圭さんが17日、
    都内の勤務先で会見した。
     午前10時にダークスーツで登場した小室さんは
    「長時間お待ち頂き申し訳ありません。よろしくお願い致します」とあいさつ。
    今の心境を聞かれ「時期が参りましたら改めてお話しさせて頂きたいと思います。
    申し訳ございません」と語り、その後の質問についても「時期が参りましたら」と
    言うに止まった。

     会見では眞子さまのどのような人柄に惹かれたのかといった質問や、
    これまでのデートの状況なども質問されたが、「改めて時期が参りましたら
    お話しさせて頂きます」と繰り返した。まだ正式な婚約が整っていないことから、
    慎重に言葉を選んでいるようだ。

     ただ今朝、眞子さまとお話はしたのか?という質問には
    「今日、朝電話で『いってきます』『いってらっしゃい』という形で、
    本当に軽い会話をさせていただきました」と、眞子さまとの会話の一端を紹介していた。


    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【【眞子さまご婚約】小室圭さんが生の声 会見に登場も「時期が参りましたら…」】の続きを読む


    空港ロビーの団体客を見て分かる、日本人、中国人、韓国人の違い=中国メディア - サーチナ
    中国メディア・今日頭条は26日、「国外で日本人、中国人、韓国人をどのように見分けるか」とする記事を掲載した。当事者からすれば「簡単に見分けられるだろう」と思う日本人、中国人、韓国人だが、西洋の人から見るとどうも一緒に見えてしまうようである。記事が提案した ...
    (出典:サーチナ)



    (出典 i.ytimg.com)

    これは結構難しいなあ~~-^;たくさん居てるからな~-^;;目つきや鼻立ちかの~~???


    1 朝一から閉店までφ ★ :2017/05/15(月) 19:23:00.24 9.net

    Record china配信日時:2017年5月15日(月) 14時50分

    15日、韓国の掲示板サイトにこのほど「日本人はどうやって韓国人を見分けるのか」という質問が投稿され、
    韓国のネットユーザーがさまざまな「見分けるポイント」を寄せた。写真は外国人観光客でにぎわう東京・築地市場。

    2017年5月15日、数カ月後に日本訪問を計画しているという韓国のネットユーザーが、このほど掲示板サイトで
    「言葉を発しないという前提で、日本人はどうやって韓国人を見分けるのか」との質問を投稿した。

    投稿者によると、韓国人は「100%とは言えないものの、中国人と日本人を見て、顔や醸し出す雰囲気、スタイルから
    中国人と日本人を見分けることができる」といい、そもそも日本人は韓国人を見分けることができるのかが気になったようだ。

    日本に行ったことがあるという別の韓国ネットユーザーも、同様の疑問を抱いている。この人物は、「日本に行くと日本人か韓国人か分からない人が多く、
    まるで韓国人にしか見えない人に日本で道を聞いてみたら日本人だった」という経験を紹介、
    「日本人は、韓国人が韓国語を話さなくても、いくら日本語が上手でも、顔を見て韓国人だと分かるのだろうか」と問い掛けた。

    他のネットユーザーたちからの回答は「外見よりもファッションがより違う」「ヘアスタイルの差が大きい。
    あと、個人的には服装が違うと思う」「見れば分かるでしょ。顔が少し違っている上に、スタイルまで違っていれば明らか。
    全部とは言えないけれど90%は分かりそう」という単純な外見、顔かたちの違いではなく、ファッションの違いを挙げる声が多かった。

    さらに具体的に「メジャーリーグのキャップ、花柄の開襟シャツ、眼鏡」「女性は長いストレートヘア、眼鏡、腕を組むスタイル」と韓国人の特徴を紹介する人、
    また「女性なら化粧と眉毛の形と服装。男性は角ばったデザインの眼鏡、眉毛の形、ファッション、帽子などなど。
    これらから韓国人だと判断して一度も外したことがない」などと細かい部分を指摘する人もいた。

    自分の周りにいる外国人に聞いてみたという人もおり、オーストラリアで東洋人の容姿に関心のある西洋人に聞いてみたという
    韓国人は、「髪型と眼鏡の形を指摘された。そして体格。韓国人の方が日本人よりも大きい」とその回答を紹介した。

    他にも「日本に住んでいる韓国人は日本人っぽくなっていて、区別できない時もあるよ」というコメントもあった。

    これらの回答から言葉や顔だけでなく、ファッションを中心に細かい差異から韓国人を見分けることのできそうないくつかの決め手が明らかになった。

    また、日本旅行に行くという質問者に対して「見分けられるかどうかはケース・バイ・ケース。日本人だとか韓国人だとか、
    実際、そんなに人は気にしないものよ」というアドバイスを送るネットユーザーもいた。(翻訳・編集/木暮)

    Copyright (C) 2005-2017 Record China. All Rights Reserved.


    【日本人は韓国人をひと目で見分けられるのか=韓国ネットが考える「決め手」とは?】の続きを読む


    阿波春秋:上杉謙信 越後出身の戦国武将 立派な体格、能書家で和歌 ... - 毎日新聞
    上杉謙信(うえすぎけんしん)(1530~78年)越後国出身。 戦国武将の一人。越後守護代長尾為景の末子。母は長尾顕吉の娘。幼名は虎千代、元服して平三景虎と称した。
    (出典:毎日新聞)



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    戦国武将達の名言たるものをある意味今に活かしたいものだ!

    【戦国時代で一番優れてたのって誰なんだろうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ