工場産「けいはん菜」どうぞ 京都府立大、十数種栽培 - 京都新聞
京都府立大は、精華キャンパス(精華町北稲八間)の植物工場で育てる野菜を「けいはん菜(な)」と名付けた。現在十数種類を試験栽培しており、町内のNPO法人が運営するカフェ「ここらく」(同町祝園西)でリーフレタスが販売されており、栄養価の高さもアピールしたいという。
(出典:京都新聞)



(出典 denkiiruka.xsrv.jp)


知名度はあると思うんですがね~!

1 名無しなのに合格 :2017/04/20(木) 12:59:10.50 ID:GL2eexWh

学費高くても同志社行った方が良かったのか


【京都府立大通ってるが知名度なさすぎワロタ www】の続きを読む