あだこだblog

あだこだblogは2chやtwitterでの 芸能、おもしろネタ、ニュース、などや日常の生活における様々な出来事、 をまとめたブログです

    被害


    J・ビーバー、運転中の事故でパパラッチひく - 日刊スポーツ
    ジャスティン・ビーバー(23)が26日夜、ピックアップトラックを運転中の事故により、57歳のパパラッチをひいたことがわかった。 ビーバーは午後9時半ごろ、ビバリーヒルズの教会が主催した集会に出席した後、車で去ろうとしていたが、会場の入り口周辺で撮影していたパパラッチ ...
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 cdn.top.tsite.jp)


    今回のはJ・ビーバーさんが被害者のように思える!

    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 10:17:14.37 ID:CAP_USER9.net

     ジャスティン・ビーバー(23)が26日夜、ピックアップトラックを運転中の事故により、57歳のパパラッチをひいたことがわかった。

     ビーバーは午後9時半ごろ、ビバリーヒルズの教会が主催した集会に出席した後、車で去ろうとしていたが、会場の入り口周辺で撮影していたパパラッチらの1人を誤ってひいたという。

     米情報サイトTMZは、被害者のパパラッチ本人が事故の一部始終を撮影していたビデオを公開。ビデオの中で、ビーバーはすぐに車から飛び降り、地面に倒れているパパラッチの側にひざまずき、何度も「どうしたらいい? 僕たちに何かできることはある?」と聞いていた。

     ビーバーは、事故後もカメラを回し続ける他のパパラッチらに激怒する一幕もあったが、救急車と警官が到着するまで、10分ほど現場で被害者に付き添っていたという。

     TMZによると、ビーバーは事情聴取を受けたが、逮捕されることもなく、被害者は脚に軽傷を負い、病院に運ばれたが、完治する見込みという。ビーバーは24日、突然、ワールドツアーを中止すると発表し、世間を驚かせたばかりだ。


    【J・ビーバー、運転中の事故でパパラッチひく】の続きを読む


    歩きスマホは1万円の罰金刑!人気の観光地ハワイで今月末にも施行か - かみあぷ
    大人気の観光地ハワイ・ホノルルでは、今月末にも「歩きスマホに罰金刑」が課せられることになるようです。 観光客も例外ではないので、遊びに行く方は注意が必要ですよ。 歩きスマホに罰金刑. ハワイのホノルルでは先週、「道路横断中にスマホ(携帯電話)の使用を禁止する」 ...
    (出典:かみあぷ)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    歩きスマホはついついしてしまいがちですが、出来ることなら一旦止まって操作したいですねっ!!!

    1 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [EU] :2017/07/20(木) 01:59:35.97 ID:wyls0r5f0●.net BE:878898748-PLT(16000) BE:878898748-PLT(16000)


    今歩きスマホが危険だと日本で注意喚起されているが、何も日本に限ったことではない。歩きスマホによる事故は
    他の国でも起きている。

    7月13日、中国の蘇州市にて女性が歩道橋でスマートフォンを見ながら歩いており、階段に気付かなかったのか
    足を踏み外してしまい下まで落下。女性は顔や頭を打ち付け意識を失い、次の日の朝に死亡してしまった。

    この様子は監視カメラが偶然捉えていた(動画は下記参照)。

    ■歩きスマホの事故
    歩きスマホの事故は国内でも増えており、ホームから転落や車と接触、踏切に進入し電車にはねられ
    死亡という事故まで起きた。

     

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 Youtube)


    【歩きスマホで歩道橋の階段から転落して死亡 おまえら歩きスマホで危険な目にあったことある?】の続きを読む


    バストアップサプリに注意 湿疹や月経不順、相談急増 国民生活センター呼びかけ - 産経ニュース
    国民生活センターは13日、バストアップなどを目的とするサプリメントをのんで月経不順になったり、湿疹が出たりしたとの相談が過去5年で209件寄せられたと発表した。製品に含まれる女性ホルモンと同様の作用のある成分が原因となった可能性がある。近年は被害が急増して ...
    (出典:産経ニュース)



    (出典 xn--e--ig4a4csa5d7a3d7cb3s.com)


    女性には非常に関心があるサプリなんで気をつけたいですね!!!

    1 rain ★ :2017/07/13(木) 17:16:00.61 ID:CAP_USER9.net

     国民生活センターは13日、バストアップなどの美容目的で販売されている「プエラリア・ミリフィカ」という植物を含んだ健康食品の摂取後、健康被害が相次いでいるとして注意を呼びかけた。

     国民生活センターによると、「プエラリア・ミリフィカ」は植物で、女性ホルモンの1つと同じような作用を持つ成分が含まれているとされている。

     バストアップやスタイルアップなど美容目的の健康食品として販売されていて、今年4月までの5年余りで209件の健康被害の届け出があったという。

     半数は10代20代の若い女性からで、月経不順や不正出血、乳房の異常など女性特有の健康被害が多くみられたという。

     国民生活センターでは、安易な摂取をひかえるとともに、摂取後、異常を感じた場合は医療機関を受診するよう勧めている。


    【バストアップ”うたう食品「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害】の続きを読む


    西田敏行さんをブログで中傷容疑、3人書類送検 - 読売新聞
    俳優の西田敏行さん(69)を中傷する虚偽の情報をインターネットのブログに掲載したとして、警視庁赤坂署が、40~60歳代の男女3人を偽計業務妨害容疑で書類送検したことがわかった。 同署幹部によると、3人は昨年5~7月、「西田さんが違法薬物を使用している」との虚偽 ...
    (出典:読売新聞)



    (出典 miyabiki.com)


    西田敏行さんも大変ですね~-  -;

    1 孤高の旅人 ★ :2017/07/06(木) 10:39:58.75 ID:CAP_USER9.net

    「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷、ネットで拡散 容疑の男女3人を書類送検
    2017.7.6 02:00
     

     俳優の西田敏行さん(69)を誹謗中傷する記事をインターネットのブログなどでまとめて拡散し、所属事務所の業務を妨害したとして、警視庁赤坂署は5日、偽計業務妨害容疑で、中部地方に住む40代の女ら男女3人を書類送検した。事務所や捜査関係者への取材で分かった。
     女の送検容疑は昨年5月ごろ、ネット掲示板や雑誌などから、西田さんが「違法薬物を使い、日常的に暴力をふるっている」などという内容の記事をまとめて自身のブログに転載して広く周知し、同7~9月、所属事務所の業務を妨害したとしている。赤坂署は実際には薬物などの使用の事実はなく、書き込みは虚偽の内容だと判断した。
     女は「人の興味を引くような記事を掲載して閲覧数を伸ばし、広告収入を増やしたかった」などと話しているという。赤坂署は同様の目的で自らが管理するウェブサイトなどに中傷記事を転載したとして、別の60代の男と40代の男の2人も同容疑で書類送検した。
     西田さんの事務所は昨年8月に同署に被害届を提出、ホームページに「書き込みは全くの事実無根。刑事、民事の責任追及を進める」などとする告知文を掲示していた。

    ★1:2017/07/06(木) 02:57:04.50


    【「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷、ネットで拡散 容疑の男女3人を書類送検】の続きを読む


    無痛分娩の麻酔で母子に障害 京都の医院を提訴 - ハフィントンポスト - ハフィントンポスト
    京都の産婦人科医院で、麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩」をした女性と生まれた女児が、麻酔の影響で重い障害を負っていたことが分かった。
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 tamagoo.jp)


    無痛分娩のありかたも問題やな~!!!自然分娩じゃ駄目なのかっ???

    1 コモドドラゴン ★ :2017/06/14(水) 08:37:35.06 ID:CAP_USER9.net

     出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で、麻酔のミスで妊婦だったロシア人女性(40)=京都市左京区=と生まれた長女(4)が植物状態になったとして、
    2人と大学教授の夫(55)、親族の計4人が、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に計約9億4千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした。
    代理人弁護士が12日、明らかにした。提訴は昨年12月28日。

     訴状などによると、女性は平成24年11月、同医院で長女を無痛分娩により出産するため、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から注射し、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔を受けた。
    だが約20分後に容体が急変し、意識を消失。救急搬送先の病院で帝王切開で長女を出産した。

     女性は「心肺停止後脳症」と診断され、現在まで意識が回復せず植物状態。長女も出産直後から植物状態のままだという。

     原告側は、麻酔の針が本来より深い位置の「くも膜下腔」に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴えている。
    一方、同医院は「取材はお受けしません」としている。

     同医院をめぐっては1月、帝王切開の際の麻酔ミスがあったとして計約3億3千万円の損害賠償請求訴訟を起こされている。


    【無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴】の続きを読む

    このページのトップヘ